木材のカビによる黒ずみ

木材のカビ取り!
何も知らずに薬剤を使うと木材を傷めてしまうことも!

最近では汚れの付きにくい外壁材や撥水性の高い外壁材などが登場し、日々進歩していますが、古民家やデザインや素材にこだわったご自宅に住まわれている方は外壁の一部に木材が使われていたり、門に木材が使われていたりしますよね。
新築の時は綺麗な木目を見せていても、年数が経つと黒くなってしまい、木目が見えませんし、さらに長期間放置していると、表面がガビガビになって毛羽立ったような状態になってしまいます。
室内はともかく、雨風に直接晒される外壁などでは、その変化は特に顕著です。
では、この黒ずみの原因とはなんでしょうか?

木材の黒ずみの原因


カビやコケなどによる腐食木材は、水分、温度、酸素の条件が揃えば、カビやコケなどが発生し、生物汚染を生じます。カビやコケは根を張るため、表面だけ削り取ってもまた発生します。
光や雨風による変色と風化木材に対応の紫外線が当たると日焼けを生じます。また、雨風によって運ばれる砂や土、ほこりなどは木材を傷つけ、これらの摩耗作用によって風化の速度は促進します。
腐朽菌による腐食カビやコケなどと同様に水分や温度などの条件が揃うと、木材を分解してしまう腐朽菌が発生します。腐朽菌の場合、放置していると、木材が脆くなり、ボロボロと崩れていきます。

木材が黒く変色する理由の一つ:カビによる黒ずみ

木材の黒ずみには、上記のように様々な原因がありますが、今回のテーマは、その一つ『カビ』です。木造建築が多く、湿気の多い日本では、建築物とカビは切っても切れない関係です。
元々、木材は湿気をこもらせる性質があり、よくホームメーカーの営業が『木材が調湿してくれる』と口にしますが、本当に木材は周囲の湿気をこもらせる働きをします。
この作用によって、木材には湿気が溜まり、カビが発生しやすくなっています。

ただ、一口にカビと言っても、たくさんの種類があります。外壁木材に発生するカビですが、実は『木材にはこのカビ!』とは言い切れません。
『湿気をこもらせる性質』と『有機物』であることから、非常にカビや腐朽菌が発生しやすいです。カビは発生してから徐々に木材の奥深くに根を伸ばし、木材を侵食していき、木材の強度を下げます。

木材のカビを除去するには?

さて、ここで皆さんに質問ですが、
皆さんならご自宅の木材部分にカビが発生しているのを見つけた時、どうしますか?

  1. ホームセンターでカビ取り剤や塩素系漂白剤を買ってきて、振り掛ける
  2. スポンジや紙やすりで擦る・削る
  3. 家屋を建設した工務店に依頼する

選びましたか?

これ、実はどれもオススメしません!

  1. ホームセンターでカビ取り剤や塩素系漂白剤を買ってきて、振り掛ける

    カビを見つけたら、まずは自分でカビ除去しようと思いますよね。
    カビ取り剤を買いにホームセンターやドラッグストアに行きます。しかし、ホームセンターやドラッグストアで販売しているカビ取り剤って、室内のプラスチックや金属など無機物向けの薬剤なんですよね。
    カビを取ろうとして、逆に素材である木材の方を傷めてしまうので、やってはいけません!
    市販のカビ取り剤は木材に使用すると『木材が腐食』します。むやみに薬品をかけることは避けてください。
    市販のカビ取り剤は強アルカリ性の薬剤で、腐食しやすい物への使用は禁止しています。
    単に『腐食しやすい物』なんて言われてもわかりにくいかもしれませんが、木材はその『腐食しやすい物』です。
    奇しくも木材にとって、『カビ取り剤』は、カビと全く同じ作用をするのです。

  2. スポンジや紙やすりで擦る・削る

    こちらも先ほどご説明したようにカビは根を張りますから、表面だけ削っても1か月後にはびっしりカビが生え、根本的解決にはならないです。
    菌糸が無くなるくらい削れば良い!って思うでしょ?いやいや、カビの菌糸はあなたが思っている以上に伸びるんです。

  3. 家屋を建設した工務店に依頼する

    工務店は建築についてはプロですが、建築時点ではすべてが新品です。普段カビの生えた木材を使用することなんてないはずです。
    カビ取りを相談したのに、リフォームをオススメされるかもしれません。


カビが発生した木材への最も良い対処法は?

もし、自宅の外壁などの木材にカビが発生してしまったら・・・
カビ取り剤もダメ、削ってもダメ、工務店にも頼めない。
そんな時にオススメなのが、高圧洗浄機!薬品などではなく、ただの水洗いが有効です。

それでも菌糸は根を張っていますから、完全に取り去ることはできません。
完全に取り去りたい。定期的に洗浄するのは大変。という方は専門業者に任せましょう。
専門業者であれば、ホームセンターなどでは販売していない業者用薬剤を持っています。
この業者用薬剤というのは、別に危険だからホームセンターで取り扱っていないわけではありません。
ホームセンターはあくまで一般家庭向け製品を販売しているところですから、木材のカビ取りなんてそんなに頻繁にあるわけではないですし、一般家庭で使用される量は限られています。
そのため、お店に並べてもそんなに売れる商品ではないので、販売されていないだけなのです。

「でも、業者に頼むと高くつくし・・・」と、そう思っていませんか?

しかし、よく考えてください。
今はカビを取ることだけに執心していますが、あなたの外壁は最初から木材の地肌が出ていましたか?
カビを取って終わりではなく、次にカビが生えないように、表面処理をする必要があります。
カビ取りもそうですが、こちらも素人技で出来るものではありませんし、カビを取ってすぐ再塗装しないと木材表面に次のカビが付着する可能性がありますから、一人で何日もかけて作業するのはオススメできません。
次にカビが発生するのが1年後か10年後かは、その後の処理の仕上げ具合も関わってきます。
人の目につく場所でもありますから、失敗するのも恥ずかしいです。

実績を持っており、トータルで任せられる専門業者に依頼する方が圧倒的に手間も少ないですし、一時しか使用しない無駄な買い物をしなくて済みます。

木部再生、外壁塗装なら経験豊富な倉敷塗装へお任せください!


木部再生、外壁塗装なら経験豊富な倉敷塗装へお任せください!
まずはご相談だけでもお問い合わせください TEL:0866-84-1463 お問い合わせはこちらから